こんにちは、さややです。
今回は紆余曲折を経て、前期に使用した雨偽装構築のブラッシュアップを行いました
構築紹介とS15の結果報告を行いたいと思います。
6NXSFKuH0S

1.構築経緯
2.個別解説
3.選出
4.重いポケモン
5.あとがき
6.謝辞
7.おまけ

1.構築経緯
・シーズンの前半から中盤にかけて新規の軸の開拓を行った。最終的に構築は完成したが、ptの完成度や練度を考慮すると、s15で結果を出すことは厳しいと考えた。そこで後半からは使い慣れた前期の構築のブラッシュアップを行う方針に切り替えた

・よって前期の6匹からスタート。構築の組み方は
785a212-ma260a+279a+257a+Pokémon-Icon_797
①S130からボルチェンによる対面操作+瞑想とZ技による積みエースとして活躍できるカプコケコ

②メガ枠を消費しつつ、コケコを後攻蜻蛉によって安全に着地させることができるメガハッサム

③シノもす理論に基づき、マンダへのクッションとなりステロ+あくびループの出来るラグラージ

その弾丸のような拳で 対メガボーマンダ軸


④雨偽装要因となり、ラグラージでは受けることのできないバシャーモやガルーラ、メガラグラージといったポケモンへのクッションとなるゴツメペリッパー

⑤上記の四体では受けループに勝てないので、崩し枠として剣舞メガバシャーモ

⑥最後にZクリスタルを持てラグラージバシャーモとの補完の良い枠として、飛行Zテッカグヤ

・構築を回していくと、バシャーモの守るを切っていることによる汎用性の低さ、テッカグヤの耐久の低いことによる後出し性能の低さといった問題が露呈した。そこでバシャーモとテッカグヤの型や調整を再考し、構築を完成させた

2.個別解説
ペリッパー@ゴツゴツメット
128px-Pokédexvorschaubild_279_SoMo
図太い 雨降らし
熱湯 羽休め どくどく こご風
167(252) × 167(252) 115 91(4) 85
HBぶっぱ あまりD

いつもの

ラグラージ@オボンのみ
260
図太い 激流
熱湯 ステロ 欠伸 吠える
205(236) × 151(220) 106(4) 116(44) 81(4)
H  4n+1でぶっぱ
HD 特化ガルドのシャドボZ耐え
   アーゴヨン 流星Z耐え
HB 1↑A特化マンダの捨て身 最高乱数切り耐え
C あまり S 無振り60族抜き

いつもの

ハッサム@メガ石
212-m
意地っ張り (ライトメタル)
バレット 蜻蛉返り 剣の舞 羽休め
175(236) 198(76) 167(52) × 138(140) 94(個体値29で無振り)
HB 特化ランドロス 地震確定2耐え
HD 臆病メガゲンガー シャドボ2耐え
      特化ガルドのシャドボZ耐え
A カプコケコ 剣舞バレット+ステロで確定
 アーゴヨン 剣舞バレット+ステロで確定
S 無振りカプブルル抜かれ

いつもの

カプコケコ@フェアリーZ
785
臆病
10万ボルト ボルチェン マジシャ 瞑想
145 × 105 147(252) 96(4) 200(252)
C カプコケコ フェアリーZ+ステロで確定
 アーゴヨン フェアリーZ+ステロで確定

いつもの

バシャーモ@メガ石
257-m
意地っ張り
フレドラ 雷P 剣の舞 守る
167(92) 233(252) 101(4) × 101(20) 138(140)
A ぶっぱ
S 準速レヒレ抜き、1加速後135属抜き
H 余りかつ奇数調整
D>B DL調整

崩し枠と汎用性を求めたバシャーモ。技構成は、対受けループのためにフレドラ/雷P/剣の舞まで確定。最後の枠にはコケコやゲンガーミミロップといった高速枠に対して、安全に加速することで対応範囲が広げる守るを採用。調整は剣の舞を積むことを考えて、Sを最低限まで削って耐久に振った。
2ウェポンとなったことにより技の範囲が狭くなったが、守るによって上から叩けるポケモンが広くなったため、総合すると選出率が高まったと感じた。

テッカグヤ@飛行Z
797

控えめ 
191(148) × 124(4)161(156) 125(28) 103(172)
エアスラ やどりぎ ボディパ 身代わり
A0推奨 H 16n-1 C あまり
S 12振りフシギバナ抜き 1ボディパで135属抜き
D>B DL調整
HB 不一致イカサマを身代わり耐え
 ボディパ後ナットのジャイロ身代わり耐え
HD ガルドのシャドボZ耐え

テッカグヤで受けループを崩す必要がなくなったため、cを削って耐久に振った。またsラインを上げたことによりフシギバナの眠り粉に対して上から身代わりを置くことができるようになった。

3.選出
785a+212-ma+260a
対カバマンダ軸、対カバリザ軸。隙を見てラグラージでステロを撒き、カバを削ってコケコを通す。
785a+212-ma+279a
対ガルーラ軸、対バシャーモ軸、対メガラグラージ軸。相手のメガ枠をペリッパーのゴツメで削り、ハッサムを通す。
260aPokémon-Icon_797257a
対マンダナット軸、対フシギバナ軸。ラグラージの欠伸展開で積み構築のような動かし方で詰める。
260a785a257a
対受けループ。ステロ撒いてコケコのボルチェンからバシャーモに繋ぎ、有利対面(ラッキーorモロバレル)で剣舞からEF雷Pで崩す。今回バシャーモに守るを採用したことにより、受けループ以外の構築にも出す場合がある。

4.重いポケモン
609637
コケコで上から縛れない炎+草の範囲のポケモンがムリムリムリのカタツムリ

5.あとがき
無題29
結果は上記のようにメイン最終2001,サブ最終2007でした。ちなみにボスラッシュは爆死しました。2100には届きませんでしたが2romを2000まで上げることが出来たため、構築としての完成度は高いものに仕上がったのではないかと思います。

雨偽装という構築はシーズン10から使い始めたので、今回で5シーズン目となりました。自分なりに色々な方面から研究を続けてきましたが、ペリッパーというお荷物を抱えている以上、レート1位を目指すのは厳しいと感じました。よって私の雨偽装という研究は本構築をもって完成とします。

S16では新規の軸を使用したいと思います。

【8/22 追伸】
再考した結果、もう少し研究する余地がありそうです。新雨偽装でs16の結果を出すことができた際は、構築記事を上げます。



6.謝辞
ステロ+ハッサムの構築を参考にさせて頂いたシノもす様、構築の相談に乗っていただいたハッサムの民と雨の民、その他応援して下さった皆様に深く感謝いたします。 

7.おまけ
miraiより発売中の「宿星のガールフレンド」です
無題13
お話は主人公が魔法少女のヒロインとデーモン(敵役)との戦闘に巻き込まれることから始まる。
主人公はその戦闘で怪我を負い、ヒロインとの共同生活がスタート。
無題30
ヒロインは金髪の美少女、ギャク要素多目でテンポ良く話が進む
無題12
無題11
無題10
無題15

そこそこのボリュームがありつつもDL版で2980円なので、非常にコスパの良いと思います
7月28日に続編も出るので、合わせて買ってみてください

無題32

宿星のガールフレンド3 公式HP

浴衣のCGがあって告白シーンもあるのに、Hシーンが無いのは納得がいかないんだよなぁ...
無題31

以上です、ここまで読んでいただきありがとうございました。